カテゴリ:旅( 114 )

フィンランドに行ってきました

f0208497_10455712.jpg

6月下旬から7月のあたままで、16日間、
フィンランドに行ってきました。

内山さつきちゃんとのユニット「kukkameri」で、
あるプロジェクトを進めていて、そのための取材旅行です。
小さなハプニングはたくさんありましたが、
そんなハプニングさえも、ゲラゲラと笑って
楽しめてしまうような、愉快な旅でした。

移転したばかりのムーミン美術館も行けたし、
偶然やっていたアルヴァ・アアルト展も観れたし、
サウナ体験からの湖ドボンもできたしで、
満足度200%。

こちらの取材がカタチになったら、またご報告します。

あ、私より一足先に取材をしていた、相棒の内山さつきちゃんが
Pen Onlineにムーミン美術館の取材記事を書いています。
ぜひ読んでみてくださいね。
http://www.pen-online.jp/news/art/moominmuseo/
[PR]
by achainlondon | 2017-07-17 11:06 |

青い上着を着たラビットに会いに

更新が久々になってしまいました。
GWから助走がはじまり、GWが開けた途端、怒濤の日々だったもので。

その理由は、本日からのイギリス出張!
4年ぶりに青い上着を着たラビットに会いに行きます。
あ、イギリス自体は昨年9月にも行っていますけどね。

出張ということで、チケットは手配していただいたので
ありがたいことに羽田発のヒースロー行き。
神奈川県民としては、なんとまあ便利なことか!!

しかも、羽田は、私にとって母方の祖母との思い出の地です。
うちの両親は蒲田出身で、おばあちゃんはその後、隣町の大森に住んでいました。
大森から羽田はすぐ近く。

幼稚園や小学生の頃はよく祖母の家に泊まりに行っていて
おばあちゃんは、私の弟に飛行機を見せてあげようと
羽田によく連れて行ってくれました。

でもうちの地元には米軍基地があり、飛行機がよく飛んでいるので
当時、弟は「飛行機なんてめずらしくないよ」なんて、
かわいくないことを言っていたらしいのですが。

羽田に行ったときには、ホテルのカジュアルなレストランでピザを食べるのが定番。
でも私はピザよりも、スープにのっているクルトンや、
添えられたクラッカーにときめきました。

おばあちゃんは、普段、質素に暮らしていたので
今思えば、私たちのために、がんばってくれていたんだな〜と。
でも、おばも一緒だったと思うので、
おばのごちそうになっていたのかもしれません。

そんな思い出の地、羽田から、大好きなイギリスへとまいります。
調べたいこともあり、少しフリータイムを追加してもらったのですが
あまりにも忙しくて、ノーリサーチ。
そしてお友達にも連絡できぬまま。すみません…。

というのも、今回は、ロンドンを離れ、
田舎町か、海岸沿いに行ってみようかなと思っていまして。
有名なのに、実は行ったことのない場所にするか、
あまり日本人には知られていない場所にするか。迷うところ。

旅の写真は、インスタにアップすると思うのでよかったら見てみてくださいね。

>仕事関係のみなさま
というわけでして、10日ほど留守にしますが、
メールはチェックしていますので、何かありましたらご連絡ください。
ご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。


[PR]
by achainlondon | 2017-05-21 09:39 |

大阪&京都に行ってきました

f0208497_926228.jpg

来年の展示の打ち合わせを兼ねて、大阪、京都を訪れました。
写真は、そこで見つけた心躍るもの。

上から時計回りに

網代幸介さんの個展@ondoで購入したzine『Reinette』、

●行ってみたかった本屋さん、誠光社で見つけたマメイケダさんのカレンダー、

●友人で、砂糖時光メンバー、吉田磨希ちゃんの個展「LOOP」、

メリーゴーランド京都で見つけた松田奈那子さんの新刊絵本『わたしは ねこ』

です。



網代さんとマメイケダさんの絵を見るのは初めてだったのですが、
すっかーーーーり虜に。
網代さんの絵は、うっとり見惚れちゃうし、
マメイケダさんの絵は美味しそうな上、絵の横に書かれているコメントがおかしくって!


吉田磨希ちゃんは、
まっすぐまっすぐ誠実にイラストレーターとしての道を歩んでいる方。
すでに十分、独自のワールドを確立しているけれど、
個展をやるたびに、何かにチャレンジをしていて、
今回ハマったという毒きのこワールドについても、とても楽しそうに教えてくれました。
その無邪気さが美しいなあといつも思います。

彼女が描く作品は、そこにいつも物語があり、アニメーションのように
今にもキャラクターたちが動き出しそうな気配が漂っているのも魅力。
今回の展示作品からも、2〜3冊、絵本を作ることができそうです。


松田奈那子さんの絵本は、
「kukkameri」の相棒の内山さつきさんが
編集者として、手がけたものです。
松田さんの絵本は、これまでにいくつか拝見していますが
個人的にはこれが一番好き!

小さい頃から、ねこやいぬが身近にいた人なら
きっと誰もが共感するであろうストーリー。
絵としては、どことなく英米の絵本の匂いが漂い、
それでいて、日本らしさもちらちらと見えてきます。

その上、洋服の柄や髪の毛の1本1本まで、
松田さんがとても楽しそうに描いているのが伝わってきて
ディテールを見るのがとても楽しいです!


そんな刺激的な関西滞在でした。

その他、20代からの友達や、何かと不思議なご縁を感じる可愛い姉妹など、
友達との再会も果たし、とても楽しいひとときでした〜。
パワーをいただいたので、この秋・冬取り組みたいプロジェクトに没頭したいと思います。

あ、でも、引き続き、ちょこちょこと秋の芸術散歩には出かけると思いますけどね。
[PR]
by achainlondon | 2016-11-06 10:08 |

ロンドン旅2016の思い出

f0208497_1283973.jpg

だから、ロンドンが好き!
としみじみ思ったエキジビション「MAKERS HOUSE」。

BURBERRYと THE NEW CRAFTSMENのコラボ。
物語の中に迷い込んだような空間でした。

インスタに他の写真もアップしているので、よかったら、こちらもご覧ください。
https://www.instagram.com/asakoaratani/

今週締め切りがあり、帰国早々、急ピッチでイラスト制作中なのだけど、
いつもとは違ったタイプの作品なので、
ウキウキしつつも、行き詰まり、ただいまブログに逃げております。
試験前の中学生の気分。
こういうときは、部屋の片づけもしたくなってくるから不思議です。
[PR]
by achainlondon | 2016-09-28 12:20 |

フィンランドとロンドンに行ってきました!

2週間ほど夏休みをいただきまして、
フィンランドとロンドンに行ってきました。

今回は旅の相棒が変わり、13年前にロンドンで出会った
ベストフレンドと行ってきましたよ。
相棒が変わると、行ったことがある場所も、見える景色が変わりますね。

f0208497_11413847.jpg
フィンランドに行くのは4回目。
田舎の村にばかり行っていて、実はまだ行ったことがなかったマリメッコ食堂。
見た目にかわいいだけじゃなくて、美味しいんですね〜。
好きなお惣菜を自分で盛り付けて、お会計というスタイルでした。

f0208497_11415239.jpg
イギリスのお友達のおうちにもお泊まり。
夏が終わり、庭のピークは過ぎているけれど、素敵でした。
人口2000人くらいの小さな町もかわいかった〜。

f0208497_11422100.jpg
旅に行く前から、ここだけは行くぞと決めていた
テートモダンの新ビルディング、Switch House

写真だけ見ると地味ですね…。

ちなみに、私の友人で、ロンドン在住のライター、宮田華子さんが
今発売中の『Pen』
このニューテートモダンについて、記事を書いたそうです!
それを読むと、きっともっと深いところまでわかるはず。
美術館&建築マニアの方、ぜひチェックしてください。


あと、帰国前夜に、映画「Bridget Jone's Baby」も鑑賞。
3作目ってどうなんだろうと思っていたけど、もう大笑い〜。
現地の人々のリアクションが見たいのもあり、日本での公開より先に見てきました。
イギリス在住の人々も、女友達で来て、大笑いしている人が多かったですね。

レニー・ゼルウィガーの顔の変化のことが話題になっていたみたいですけど、
コリン・ファースもよい感じに年を取っていたし、
私はあまり気になりませんでした。
ネタバレになるので、書きませんが、映画の最後のオチも良かったですよ。
そしてエンドロールの後に、素敵な写真が1枚サッと出るので、そこもお見逃しなく!


他にも、旅の様子は、インスタグラムに写真をちょこちょことアップしています。
もしよかったら見てみてください。
https://www.instagram.com/asakoaratani/

※インスタは外国の友人にも見てもらいたいので、拙いながら英語で書いています。

そして、今回、旅に出る直前に、台湾の友達からの勧めで
とあるイラストレーションのコンペに応募することにしました。

なので、現地で3日間引きこもり(旅の相棒は、帰国済みで、一人になってからです)
絵を描くことになったのですが、
とても集中できたし、いつもとは違う絵を描くことができたので
すがすがしい、晴れ晴れとした気分で帰国できましたよ。

どんな結果になるにせよ、結果が出るまでは、お見せすることができないのですが
私自身、気に入っているので、来年やる個展とかで、
(いや、まだ個展をやるなんて決めてないけど。できたらいいな〜とぼんやり思っています。
でも来年なんて、場所をもう押さえられないという噂もありますが。そしたら再来年かな?)
お見せできたらと思います。


そして、ただいま相模原で開催中の個展ですが、
予定通り、今週9月30日(金)〜10月2日(日)は、在廊予定です。
在廊時間だけ、変更になる可能性があるので、また随時お知らせいたしますね。
何かご希望の時間とかありましたら、メール等で直接お問い合わせください。
[PR]
by achainlondon | 2016-09-27 12:05 |

ロンドンから戻りました

ご報告が遅くなりましたが、ロンドンから戻りました!

実は、帰国前に風邪をひいてしまいまして、
でも残り数日をどうしてもエンジョイしたくて
無理はしないようにと気をつけながら
友達との再会を楽しんだり、最後の買い物に出かけたりしておりました。

帰国日は、増えまくった荷物をなんとかスーツケース(大)1つ、(小)1つ、
リュック1つに詰め込んで、早朝ミニキャブで出発。
10分くらい車を走らせたところで、大家さんが、
私がコートを忘れていることに気づき
電話をかけてくれて、あわてて宿に逆戻り。

そのせいで、タクシードライバーのおじちゃんに
笑顔で5ポンド追加徴収されるわ
空港では、bag dropで、too heavyと言われて、
手荷物に入れ替えさせられるわで、
最後の最後まで、あたふたしておりました。

こうして自宅に戻ったら、完全に体調を崩してしまい、
約5日間も寝込んでいました……。あぁ、まぬけ。

ようやく本日から社会復帰。
といっても荷物を片づけるところからですが。

それにしても、帰国してからずっと寝ていたので
ロンドンにいた日々がまるで夢だったかのよう。

でも、手元に絵があるから、夢じゃなかった! と実感できます。
実際は、目標の半分くらいしか達成できなかったけれど、
制作に専念できる日々は、とても充実していました。
久々に思い切ってロンドンにいって本当によかった。

友達や仕事仲間とも再会できたのもとてもうれしく。
聞けば聞くほど、ロンドンで暮らすということは、簡単ではないけれど
やっぱり憧れるなあ。

さあ、今月、締め切りがあるので
しっかり働かなければ!!
[PR]
by achainlondon | 2016-02-21 18:48 |

まだもう少しロンドン

f0208497_20233334.jpg

ここのところ、お仕事の報告をしておりますが、
まだロンドンにおりますよ!

昨日は、ヴィンテージマーケットに足を運んで、
そのあと弟や甥っ子のお土産を買いに、
とあるフットボールチームのスタジアムショップに寄って、
Islingtonの界隈をお散歩して、夜は、映画を見てきました〜。

土曜の夜に映画館にいるというのは、ロンドナーに混じった気分でした。


今回見た映画は、ハリウッド映画の「TRUMBO」。

恥ずかしながら、Trumbo(実在の人物)のことをよく知らずに、
ネットでさらっと要約を読んで
おもしろそう!! と思って映画館に滑り込んだのですが、
これがアタリ! でした。

Trumboは、冷戦時代に、ハリウッド映画界で活躍した脚本家。
共産党員であることを理由に、迫害された時代もあり、
名前を変えて(伏せて)活動していたこともあります。
ネットで調べるといろいろ教えてくれるので、気になる方は調べてみてください〜。

彼はとてもユーモアにあふれる人だったようで、
作中、ひねりの利いたユーモアがもりだくさん!

ただ、残念ながら私にはそのユーモアのあたりが、
まだまだ英語だけだと理解できていない部分が多かったので、
日本語字幕で見るのが楽しみです。
(日本での公開は、いつなんだろう…)

原作本があるみたいなので、それを読むと、理解が深まるかも。

というかもっともっと英語で理解できるようになりたいなあ。
この1年、忙しくて英語の勉強不足でしたが、
今年は、久々にがんばろうと思います。

★NEWS★
Instagramに、ロンドンの旅の記録をアップしています。
[PR]
by achainlondon | 2016-02-07 20:42 |

ロンドン滞在7日目 Broadway Market

f0208497_614834.jpg

f0208497_6152139.jpg

f0208497_6154665.jpg


前にちらりとお知らせしました通り、
ロンドンに来ております。

写真のロンドンの空を見てください。
絵に描いたようなどんより具合(笑)。
これでこそロンドン! であります。

それにしても気づけば、もう1週間経ってしまいました。うぅ早過ぎる…。

最近始めたばかりのInstagramの方に、
ちょこちょこロンドンの写真をアップしていますが、
ブログでも少し旅の記録を綴りますね。


といっても、ここ数日は、制作のために
ほぼ部屋にこもっていたのですが。

でも、今日は週末なので、張り切ってマーケットへ。
ファーマーズマーケットや蚤の市など、
マーケットと名のつくものは何でも大好きで、
ロンドンも来ると、あちこちのぞいています。

なので、気合いはいりまくりで、カメラもしっかり持ってでかけたのですが、
結局、観光客丸出しで撮るのは恥ずかしくって
思うようには撮れませんでした。はは。

さて、そんなこんなで、初めて訪れたBroadway Market。

感想としては……
おもしろかったです!
おいしかったです!

チーズ、スイーツ、野菜、魚、クラフトなどなど
バラエティに富んだラインナップで、全体的にクオリティがとても高い。
なかでも、食べ物系が充実しています。

食のマーケットでいえば、ガイドブックにも載っている
Borough Marketの方が、やはり規模としては大きいけれど
マーケットの出店以外にも、
通りにはおしゃれなカフェや本屋さんが並んでいるので、
お散歩におすすめです。

ちなみに、私がランチに選んだのは、ベジバーガーやさん。
といっても、バンズがもうなくなってしまったと言われ、
野菜のハンバーグとサラダたっぷりのランチボックスになりました(上の写真)。

でも、パンでお腹いっぱいになるより、
野菜をたっぷりとれる方が、心もおなかも満足感がいっぱい。
ああ、おいしかった〜。
ちなみに、7ポンドでした。けっこうしますよねえ。

基本自炊なので、外に出たときは、
からだによくて、美味しいものを食べたくって!

今日は盛りだくさんで、書ききれないので、続きは次回に(たぶん)。
[PR]
by achainlondon | 2016-01-24 06:59 |

スウェーデンの素敵な本

ふぅ。昨日、ついに!! 大きな山を越えました〜。
7月くらいからスタートしていた手芸本を、印刷所に入稿。

久々にのんびりとコーヒーが飲める清々しい土曜の朝です。
私は、静かな朝が本当に大好き。
理想はね、木々を眺めながら、外でコーヒーとか、
緑あふれる大きな公園か、森の中を散歩できたら最高なんですけどね。


今回担当した手芸本は、
初めて一緒にお仕事をする出版社、編集さん、デザイナーさんのチームで、
いろいろ初めてづくしだったので、
スタート時は、期待やワクワク度が高く、そりゃあかなりの興奮状態でした(笑)。


けれども、いざ始めてみると、
今まで自分がやってきた方法と違う部分もちょこちょこあって、
「あれあれあれあれ、私ったらなんて要領が悪いの!!」
と、自分にがっかり。
皆さんに、大変ご迷惑をおかけしました。反省。


でも、経験豊富な皆さんに恵まれて、
とてもとても素敵な本になったと思います!!

あーー今から納品が楽しみ。
といっても、まだ色校作業がありますけどね〜。


ありがたいことに、最近、編集の仕事に関しては、
順調過ぎるぐらい順調だったので、
ここらでポキッと折られてちょうどよかったと思います。


同じ本づくりでも、まだ知らない自分の世界が本当にいっぱいある。
この仕事をはじめて、15年あまり。
大変勉強になりました。


さて、そんな私、来年の展示に向けても、ちょっとずつ動き出しました。
来年初夏に、東京で、旅の友と一緒にフィンランドをテーマにした2人展をします。
なんとか会場も決まり、先日二度目の打ち合わせに行ってきました。


大枠は見えたので、あとは作品づくりに励むのみ。
これができないと、細部を決められないので。がんばります。

その前に、編集の仕事で
年内に、ビッグウェーブがあと3回くらいあるので
それも乗り越えなきゃ。


さて、大きな仕事が終わると、私が行きたくなる場所。
本屋さん。
今回は、こちらの本を買いましたよ!

f0208497_939521.jpg

『ファイン・リトル・デイ』(誠文堂新光社)

実はこの原書を、9月にフィンランドで買っていたので、
「あれ? この本知っている!」と思って、見つけたときはとっても驚きました。

ちなみに、こちらがオリジナル。
Fine Little Day

f0208497_9401671.jpg

私はフィンランドで買いましたが、スウェーデンの本です。
カウニステというテキスタイルブランドのお店で見つけました。
カウニステは、自社商品の他に、セレクトアイテムも置いているんです。


とても素敵な本で、一目惚れして迷わず買ったのですが
スウェーデン語だと、まったく読めないな〜と思っていたのでした。
でも写真を見ているだけでワクワクしちゃうんですけどね。

日本語版を読んでみて、なるほどそういうことだったのかー!
と、すっきり。
でも、写真だけ見て、想像を巡らすのも、
それはそれで楽しいですよね!


こちらの本、気になる方、ぜひ見てみてください〜。
京都の恵文社では、10月と12月にイベントをやっているみたいですよー。
あ、10月は今日までですけど……。
[PR]
by achainlondon | 2015-10-31 09:55 |

フィンランドから戻ってきました〜

例年より夏の訪れが遅かったというフィンランド。
そのおかげで、ベリー摘みも思った以上に楽しめました〜。

バケツいっぱいの森のめぐみ。
こちらはレッドカラント。

f0208497_18572527.jpg


そしてなんといっても、これがやりたかったーーー!
きのこ狩り!

f0208497_19545685.jpg
こちらはスッペローバハベロというきのこ。
毒きのこの見分け方も教えてもらったけど、
本を見ると例外もいっぱいあるようで、知れば知るほど難しい。


そしてこちらは、お邪魔したおうちでいただいたスイーツとコーヒー。
なんという色使い!!
ラブリー過ぎます。

f0208497_18582594.jpg

といっても、特別な演出がされているわけではなくって、
いつもの暮らしの中に、お客様(このときは私たち)のための
パイが用意されているだけ(だと思います)。

 気負うことなく、
 さらっと手づくりのお菓子でもてなす

これ、私も、「いつか自分の空間が持てたらやりたいな」
と思っていることの1つ。

そのときのために、カップ&ソーサーやマグをちょこっとずつ集めています。
今回は、蚤の市で、ARABIAのヴィンテージカップ&ソーサーを買ってきました〜。

あ、ムーミンマグも!
気づけば、うちに6個も。
コレクターの方から見たらまだまだですけどねえ。


以下の写真は、田舎町のマーケットにて。
コテージも絵になりますねえ。

f0208497_18592475.jpg

f0208497_190489.jpg


さあて、ここから何を生み出せるのか。
自分の心とにらめっこです。
[PR]
by achainlondon | 2015-09-19 20:04 |